水素は、数ある原子の中でも最も粒子の大きさが小さいという特徴があります。そのため、たっぷり水素を容器に詰めても、ペットボトルやアルミパウチなど素材の網目よりも水素の粒子が小さいため、私たちが飲むまでにどんどん水素が逃げてしまい、飲む頃にはほとんど抜けてしまっているなんてことも少なくありません。

 

そのため、できるだけ多くの水素を摂取するためには、市販されている水素水を買うならペットボトルよりはアルミパウチタイプのものを選んだほうが水素がたくさん残っていますし、家庭で水素水が作れる生成器を持っていたほうが、確実に新鮮で高濃度の水素水を思う存分楽しむことができます。

 

家庭で水素水を発生するためには、水素水サーバー、水素水生成器と呼ばれる専用の機器が必要となります。大きさはそれほど大きいわけではなく、家庭用の魔法瓶と同じぐらいの大きさのものから購入できます。あまり大きくて移動できないものだと、水素水を作る時に熱を発生するのでゴキブリなどを寄せ付けやすく、見えない部分にゴキブリが巣を作ってしまうことも考えられるので、できるだけ移動させやすく、清潔に保てる場所におけるようなサイズを選びたいものです。

 

水素水を自宅で発生するといっても、特に難しい方法や技術が必要になるというわけではありません。ウォーターサーバーの場合には、美味しい水を選んでタンクで届けてもらうというシステムになっていますが、水素水サーバーの場合には、使用する水は基本的に何でもOKです。

 

水道水を使っても、複数のフィルターを通すことによって不純物をすべて取り除くことができますし、カビ臭など気になるニオイを除去できるタイプの水素水サーバーもあります。不純物をすべて除去した後に電解して水素を発生させるので、完成した水素水は、水素をたっぷり含んでいるだけでなく、不純物などを一切含まない美味しい水と言うことになります。

 

自宅で水素水を発生させる場合には、水をサーバーに注入してから完成するまで、少しだけ時間がかかることはあらかじめ理解しておきましょう。サーバーの大きさにもよりますが、目安としては水を注入してから10分程度の時間がかかります。

 

お得な水素水生成器をアマゾンで探す!

 

水素水 当サイト人気ランキングを見る!