水道水が健康にあまり良くないことは、最近では子供でも知っています。水道水に含まれている重金属や毒素、老廃物などをとりのぞくための浄水器なども人気がありますし、水素水からそうした成分を取り除いた後に健康に良いと言われているアルカリ性へ水を変えたり、イオンを加えることでアルカリイオン水にしたり、また水素の濃度をアップすることで高濃度の水素水にするなど、たくさんのメーカーからいろいろな水質改善家電がたくさんラインナップされています。どれもきっと体には良いのでしょうが、アルカリイオン水と水素水にはどんな違いがあるのかご存知ですか?

 

まず、水素水とは水の中に含まれている水素の濃度が高濃度のものを指します。高濃度の水素を体内に取り入れることによって、水素は体内で酸素と結合し、水という分子へと変換されます。体内の酸素には良い酸素や悪い酸素などがありますが、披露やストレスを感じた時に体内で大量発生するのは、活性酸素と呼ばれる悪い酸素。水素水を飲むことによって水素がこの活性酸素と結合し、水という分子になるため、体内の活性酸素が効率的に除去できるという効果が期待できます。

 

一方、アルカリイオン水は、水をイオンの力でアルカリ性にすることによって、疲れたりストレスを感じたり、また体調が悪くなると酸性に傾きやすくなってしまう人間の体を、アルカリイオン水によって弱酸性の状態に戻すことができる水です。疲労回復やストレス解消などの効果が期待できるだけでなく、日本人に多いと言われている「胃の痛み」など、内臓のトラブルも改善することができるので、飲みすぎや食べ過ぎで内臓の調子が悪くなりやすい人にとってはこちらの方がおすすめかもしれません。

 

アルカリイオン水も水素水も、健康にプラスの効果が期待できることは確かです。しかし、ライフスタイルや体質などによって、どちらの水の方がより大きな健康効果を期待できるのかは個人差があります。最近では水素水サーバーでも水素水だけではなくアルカリイオン水も作れるという優秀な多機能サーバーなどもあるので、ニーズに合わせて必要な機能がついているものを選ぶのも良いでしょう。

 

お得な水素水生成器をアマゾンで探す!

 

水素水 当サイト人気ランキングを見る!