個別分包されている水素水は、携帯するには便利ですが、コストを考えるとやっぱり頭が痛くなってしまうもの。特に、自宅で水を飲む時には、わざわざ費用の掛かる個別分包されている水でなく、たっぷり新鮮な水素水をお腹一杯飲みたいですよね。それを可能にしてくれたのが、日本トリムから開発製造販売されているウォーターヘルスケアです。

 

水素濃度を何段階からか選べるだけでなく、浄水モードで浄水を作ることもできるウォーターヘルスケアは、ウォーターサーバーのようにタンクを購入するというわけではなく、水道水をサーバー内部で水素水や浄水へと変化させて供給してくれるのが特徴のサーバー。もともとの水は水道水なので、コストもかからず高濃度の水素水を思う存分に堪能できるのが特徴です。

 

口コミでは「水素水ってコストがかかるというイメージがあったのですが、ウォーターヘルスケアを使い始めてから、そんな固定観念も吹き飛びました。フィルターとかカートリッジの交換も頻繁ではないので負担になりませんし、何よりも子供から大人まで飲みたい時に飲み大量の水素水をたっぷり飲めるのは嬉しいですね。」など、コストがかからないことに対するコメントが多いようです。

 

また、「医療機器としてもつかわれている水素水サーバーなら、やっぱり安心ですよね。水素濃度もかなり高く安定しているようで、毎日たっぷり飲んでいたら短期間でも体調がよくなったり、疲れにくくなったり、たくさん嬉しい効果を実感できています。肌の調子も最近良いみたいだし、やっぱり水素水のおかげかな。」など、短期間で効果を実感できる水素水濃度も高く評価されているようです。

 

日本トリムのウォーターヘルスケアは、水素水モードを使えば高濃度の水素水が作れますし、浄水モードにすれば水道水に含まれている重金属やイオン成分などの有毒物質をトータルで13物質も取り除いてくれる機能もついています。ウォーターヘルスケアがあれば、ウォーターサーバーなども必要なくなりそうですね。

 

▼ウォーターヘルスケアをアマゾンで探す!