日本トリムによって製造販売されている電解水素水といえば、ウォーターヘルスケア。もともとは「ウォーターヘルスケア」は、体に良い水を飲むことによって健康管理をしようという考え方の一つでしたが、日本トリムではこの新時代における水との付き合い方をそのまま水素水の商品名としているのが特徴です。日本トリムの水素水は、個別分包されているようなタイプのものではなく、家庭で使うことができる水素水サーバーです。サーバーというとウォーターサーバーをイメージする人も多いのですが、このウォーターヘルスケアは、ウォーターサーバーのように水のタンクを飲みやすくしているタイプのサーバーではなく、水道水を水素水へと変換するための整水器です。

 

日本トリムのウォーターヘルスケアは、医療機器にも認定されているほど優秀で、安定した高濃度の水素水を作ることができます。もともとは水道水を使うわけですが、内設されている浄水カートリッジを通すことによって重金属やイオン成分、そのほか体にとって有害と言われている成分などをトータルで13物質も除去することが可能です。そのため、ウォーターヘルスケアから提供される水は、水道水を思わせないほど美味なお水。しかも、電解された水から水素が大量に発生しているため、かなり高濃度の水素を体内に摂取することができます。

 

医療機器として販売されているウォーターヘルスケアは、水素濃度を何段階かに設定することができます。飲料用には何段階かの水素水を作ることができますし、飲料用ではなく洗浄用のために高濃度すぎる水素水を作ることも可能。しかも、水素水ではなく浄水を作りたい場合には浄水モードにすることもできるので、一台で多機能に使いこなせるのが魅力です。

 

もともとは利用者のニーズにこたえる形で日本トリムが独自に企画や開発を進めてきたウォーターヘルスケア。現在では北海道から沖縄まで全国各地に28の拠点を構えているので、どこに住んでいる人でも気軽に利用しやすくなっているのが特徴です。

 

▼ウォーターヘルスケアをアマゾンで探す!