「簡単に飲める奇跡の水」を目標として製造開発されたのが、株式会社ビガーブライトジャパンから製造販売されている高濃度水素水ビガーブライト。もともとは、世界の名水と呼ばれるメキシコのトラコテ、フランスのルルド、ドイツのノルデナウなどの天然水を研究している時に、こうした名水の多くには水素が多く含まれていることから、ビガーブライドの開発がスタートしたようです。

 

こうした天然水を取り扱っているウォーターサーバーもありますが、もともと粒子が小さい水素という成分は、時間とともにどんどん逃げてしまうという特徴があります。気密性が高いアルミ素材でも時間の経過とともに水素が逃げてしまいますし、粒子がそれほど細かくないプラスチック素材などでは、水素はあっという間に逃げてしまうため、こうした名水をウォーターサーバーで飲んでいても、摂取する頃には水素はすべて逃げてしまっているわけです。

 

水素を逃がすことなくたっぷり摂取できないものかと開発された「高濃度水素水ビガーブライト」。たっぷりと高濃度の酵素が水の中に残っているので、体内にたっぷり水死を摂取できます。高濃度水素水ビガーブライトは気密性の高いアルミパウチに入っているので、携帯するのにもとても便利。疲れやストレスを感じることで大量発生する活性酸素を効率的に除去してくれるので、スポーツをしている時などに摂取すれば、疲れ知らずで体を動かし続けることができます。

 

高濃度水素水ビガーブライトには、自然のミネラル成分がたっぷり含まれています。水素水は水道水が使われることも多いのですが、この高濃度水素水に使われているのは、日本が誇る立山連峰。天然の地下水が使われているのでミネラル成分も二可ですし、バランスよく摂取できるので、毎日のミネラル不足を解消することもできそうですね。たっぷり飲んでも過剰摂取になる心配はないので、毎日の水分補給をビガーブライトに変えてみるのもおすすめです。

 

ビガーブライト公式サイトはこちら