たくさんのブランドからラインナップされている水素水。健康効果と美容効果、どちらもかなり期待できるため、毎日飲んでいるという人も少なくありません。しかし、水素水は体内にどのぐらいの水素を取り込み、体内でそれらの水素が酸素と結合することで水分へと変化してくれることが大切。そのため、水素水を選ぶ際には、どのぐらいの水素が含まれていて、どのぐらいの水素濃度で体内の酸素と結合してくれるのかをチェックしながら商品選びをすることが大切です。

 

たくさんラインナップされている水素水を見てみると、アルミ製の容器に入っているものが多いようです。その中でも、アルミパウチとアルミボトル、同じアルミという素材で作られている水素水でも、パウチなのかボトルなのかによって、実は水素水としての効能に大きな差があることはご存知ですか?

 

水素水の有効成分である「水素」とは、原子記号の中でも最も大きさが小さいと言われているため、どのような容器に入っていても少しずつ確実に容器の外に水素が逃げ出してしまいます。そのため、水素水が入っている容器は、できるだけ水素原子の流出を防ぐことができるような素材で作られていることが必要。ペットボトルなどに入っている水素水は、水素がほとんど出てしまっているため、水分補給という意味では効果があっても、体内に水素を取り込んで健康効果や美容効果を期待するという点では、ほとんど期待できないというのが現状と言われています。

 

アルミボトルとアルミパウチ、どちらが水素の流出を防げるのでしょうか?アルミという素材はパウチでもボトルでも水素が逃げ出しにくいという特徴があるため、どちらもペットボトルと比べればおすすめ。しかし、水素が逃げ出しにくいという点では、アルミボトルの方が優れているようです。ただ、アルミボトル容器の場合には、開けたら一気に飲まなければ水素が逃げてしまうので、少し飲んで保存するという事はできません。少しずつ飲みたいという場合なら、パウチタイプの方がおすすめです。

 

お買い得な水素水をアマゾンで探す!

 

水素水 当サイト人気ランキングを見る!