高い健康効果や美容効果を持つことから注目されている水素水。近年では健康食品としてたくさんのブランドから水素水がラインナップされています。それぞれ、独自の方法で開発された水素水で、その中にどのぐらいの濃度で水素が含まれているのかも異なります。できるだけ体内にたっぷりと水素を取り込みたいという人は、できるだけ水素濃度が高いものを選んだほうが効率的なわけですが、どんな点に気を付けてどんな商品を選べば、水素濃度が高い水素水を選べるのでしょうか?

 

市販されている水素水は、プラスチック容器に入っているものやアルミ容器に入っているもの、乾燥したサプリタイプになっているものなどがあります。その中でも一般的に水素がタップリ凝縮されているのは、アルミ素材のパウチになっているタイプの水素水が多いようです。「ナノ水素水キヨラビ」や「高濃度ナノ水素水スパシア」などは、水素水の中でもかなり高濃度な水素を含んでいる商品として注目されていますが、そのすいそのうどは 1.0pmm以上。これはかなり優秀です。

 

同じアルミ製の容器でも、アルミのボトルに入っている水素水はどうでしょうか?パウチタイプと比べると水素濃度がかなり低くなりますが、アルミボトルタイプの水素水の中でも高濃度として人気があるのは、伊藤園からラインナップされている水素水。ちなみに水素濃度は0.28pmmとなります。

 

リーズナブルな価格で購入できる水素水の中には、価格と水素濃度がどちらも優秀な商品もあります。それが、メロディアンからラインナップされている「水素たっぷりの美味しい水」。こちらの水素濃度は0.94pmmとなります。

 

水素水は、体内に水素を取り込むことによって、体内でいかに水素をまき散らして体内の酸素と結合してくれるかがポイント。そのため、基本的には液体の水素水を摂取することが必要なようです。水素水の中には完走させたサプリなどもありますが、残念ながらサプリの中に水素がタップリ含まれてはいても、体内に入って水素をまき散らしてはくれないものが多いようです。

 

お買い得な水素水をアマゾンで探す!

 

水素水 当サイト人気ランキングを見る!