水素水にはたくさんのメリットがあります。水の分子を作りだしている成分の一つである水素を摂取すると、体内で酸素と結合して水が作られます。体内のあらゆる器官で水が作られれば、体内の水分レベルは確実にアップしますから、肌も内臓器官も、そして血液にも十分な水分が維持できて、大きな健康効果や美容効果が期待できます。

 

他にも、水素水に含まれている水素には、筋肉疲労の原因となる乳酸が蓄積されにくくなるので体が疲れにくくなったり、体内の活性酸素を除去してくれるのでデトックス効果や抗酸化作用なども期待することができます。

 

健康や美容に大きな効果が期待できる水素ですが、数ある原子の中では最も大きさの小さな原子のため、体内に摂取することがなかなか難しいというデメリットがあります。水素水は水素をギュッと凝縮している健康飲料水ですが、水素は他のどんな成分よりも粒子が小さいため、隙間からどんどん逃げてしまうという性質があります。

 

つまり、プラスチックの容器素材でも、アルミパウチの素材でも、それらの分子よりも水素の方が大きさが小さいため、隙間からどんどん逃げてしまい、商品を飲む頃には水素がほとんど残っていないということにもなりかねません。

 

水素水を選ぶ際には、このデメリットをいかに克服して少しでもたくさんの水素を摂取できる商品を選ぶことが大切となります。容器の素材で選ぶなら、原子のサイズが少しでも細かいアルミパウチのものの方がプラスチックボトルよりもおすすめですし、アルミパウチでも層が何重かになっていて水素をより閉じ込めてくれるタイプのものが良いでしょう。

 

また、蓋を開けた瞬間に中の水素がどんどん逃げてしまいますから、開封したらすぐに飲むことを前提に、あまり大きなボトルでの購入よりも、一回の身きりサイズでの購入の方が、よりたくさんの水素を摂取できます。最近では技術開発が進み、水素を逃がさない容器や素材が誕生しています。また、蓋を閉めておけば48時間程度は水素を維持できるような素材も開発されているので、一度にたっぷり飲めない場合には、商品の価格は少し高くなってもこうしたものを選んだほうが良いかもしれませんね。

 

お買い得な水素水をアマゾンで探す!

 

水素水 当サイト人気ランキングを見る!