家庭で美味しい水素水を作ることができる水素水サーバー。それぞれに搭載されている機能が異なるだけでなく、完成する水素水の水素濃度も異なります。サーバーを選ぶ際には、メンテナンスやコストなどで選ぶ人が多いのですが、どのぐらう高濃度の水素水が作れるかという点も忘れることなく比較検討したいですね。

 

水素水サーバーの中で最も高濃度の水素水を作ることができるのは、「アキュエラブルー」です。現在市販されているサーバーの中ではダントツで高性能と言われているこのサーバーは、電気分解方式を使って水素水を作るのが特徴です。水素の大きさがとても小さく、ナノバブル水素水を作るので、作ってすぐに飲みきれなくても、長時間、高濃度の状態を維持できるというのがうれしいですね。

 

この商品は、高性能なので価格ももちろん高いのですが、メンテナンスがとても楽なのが魅力です。カートリッジやフィルターの交換などは一切必要ないので、購入したらそのままずっと使い続けることができます。使用するたびに水素水サーバーが自動的にクリーニングしてくれるので、いつでも清潔な状態を保つことが可能なのです。

 

家庭に置いておくにはちょうど良い大きさのコーヒーメーカーと同じぐらいのサイズが人気のルルドも、高濃度の水素水を作ることができます。スイッチオンしてから水素水ができるまでにかかる時間は10分ですが、常温放置しておくと12時間の間1.2ppmの濃度を維持することができる優秀な商品。朝に水素水を作っておけば、その日一日に必要な水は、これ一本で賄えそうですね。

 

水自体が高濃度の水素を維持できるので、自宅で作った水素水をアルミボトルに入れ替えて職場に持っていくのももちろんOKです。価格は158000円と高めですが、これまで購入していたミネラルウォーターやウォーターサーバーを購入する必要がなくなると考えれば、長期的にはとてもお得といえるでしょう。

 

エイチツーオアシス」と言う商品は、水道水をそのまま引いてくる直結型の水素水サーバーとして人気があります。わざわざ水素水を作るために水道の水を汲んでタンクに注入するのは面倒という人にオススメの商品ですが、作られる水素水の水素濃度はそれほど高くはなく、0.3ppm-0.5ppm程度。市販されている名水などを飲むよりは高濃度の水素を摂取できますが、水素水としてはそれほど優秀ではありません。しかし、価格が55000円と安いので、初めて水素水に挑戦してみたい人にピッタリのアイテムといえます。

 

お得な水素水生成器をアマゾンで探す!