水素水はたくさんのメーカーからラインナップされていますが、それぞれどのぐらいの水素を含んでいるかは異なります。水素と言う成分は粒子がとても小さいため、どんな素材を使ってもその隙間からサッと逃げてしまうという性質があります。また、製造過程でも水素を詰めているつもりでもサッと抜けてしまったりすることも多いので、実際に商品として完成した水素水の中にどのぐらいの水素が含まれているかを正確に測定することは簡単ではありません。

 

市販されている水素水の中で、最も水素含有量が多い商品は、「水素水7.0/5.0ppm」という商品です。これはスティック状になっている商品で、自分が持っている水やお茶などにサッと注いで即席に水素水を作れるというタイプ。付属で水素濃度を計測できるメチレンブルーと言うものがついているので、実際に作った水素の濃度を確認してから飲むことも可能です。

 

アルミパウチに入っている「クリスタル水素水」は、開封してすぐにグイッと飲める水素水の中では水素含有量がナンバーワンの商品です。しかし、スティックタイプの「水素水7.0/5.0ppm」と比べると含有量はとても低くなってしまいますが、ドリンクタイプの水素水の中では含有量が1.0-1.2ppmと高濃度になっています。

 

ペット専用の水素水を販売していることでも大人気の「スパシア」も、市販されている水素水の中では比較的高濃度に水素を含んでいます。含有量は0.7-1.2ppm程度で業界ではトップレベルと言うだけでなく、SPGフィルターという水の粒子を均一にする技術が使われているので、のど越しがとても滑らかなのが特徴です。

 

「Re水素水」も人気があります。この商品の水素含有量は0.7-1.0ppm程度ですが、水の分子をミスト状にすることによって、水素がアルミパウチから抜けにくい状態を作り出しているのが特徴の商品です。この製造方法は特許も取得している技術で、他の水素水とは一味違ったのど越しを堪能できます。

 

水素水の水素含有量は、0.7ppm程度あれば業界でもトップレベルといえます。ただし、どんなに優秀な水素水でも、あまり時間をおいてしまうと水素がどんどん抜けてしまうので、できるだけ製造日から日を置かないうちにサッと消費してしまうのがポイントです。

 

お買い得な水素水をアマゾンで探す!

 

水素水 当サイト人気ランキングを見る!