家庭用の水素水サーバーとしては水素の濃度が業界ナンバーワンと言われている「20000ppmハイブリッドH2サーバーWP-400」。その濃度は20000ppmと言われていて、他のどんな水素水サーバーも足下に及ばないほどの高濃度になっています。

 

水素はもともと原子のサイズがとても小さく、アルミパウチなどに詰めてもアルミ粒子の大きさよりも小さいために隙間から逃げやすく、水素を一つの場所にとじ込めておくことは不可能と言われているほど。しかし20000ppmハイブリッドH2サーバーWP-400は、水素ガス2%を使用することによって、驚異的な水素濃度を達成しています。この技術は特許も取得した技術で、確実に体内にたっぷり水素が取り込める仕組みとなっています。

 

料理に使ってもOK,健康や美容のためにグイグイ飲んでもOK,また、お風呂の中に入れて水素水入浴をするのも楽しい20000ppmハイブリッドH2サーバーWP-400は、購入価格が少し高めと言うデメリットがあります。家庭用の水素水サーバーなら20万円以下で購入できる商品も多いのですが、20000ppmハイブリッドH2サーバーWP-400の場合には、購入価格は43万円。かなり高額だと感じる人も多いのではないでしょうか。

 

しかし、作れる水素水の濃度は業界トップレベルですし、水道から直結させるタイプと、給水タンクタイプの2種類を選ぶことができるので、ライフスタイルに合わせて使いやすい方で水素水をたっぷり飲めるのは素晴らしいですね。家庭で使うなら、水道水を直結させておけば、もうウォーターサーバーやミネラルウォーターを購入しなくても、スイッチ一つで高濃度の水素水が毎日楽しめますし、料理などに使えば普段よりも味が何段階もアップすることは請け合いです。

 

それだけではありません。20000ppmハイブリッドH2サーバーWP-400はメンテナンスもとても簡単です。自動洗浄機能がついているので、スイッチ一つでサーバー自身がお掃除してくれます。カートリッジやフィルターの交換も必要ないので、一度購入すれば常に清潔な状態をキープしながら長期間使い続けられるのがうれしいですね。

 

20000ppmハイブリッドH2サーバー公式サイトはこちら