たくさんのメーカーが製造販売している水素水生成器。メーカーごとに機能が異なっていたり、外見や大きさ、作れる水素水の濃度などは異なりますが、株式会社ビーラインからラインナップされているナノバブル水素水生成器「アクアクローバー」は、コーヒーメーカーのような形をしているのが特徴の水素水生成器です。

 

浄水器のような形をしている水素水サーバーが多い中、卓上にコンパクトに置けて気軽に水素水を飲めるだけでなく、タンクの中にどのぐらい水素水が残っているのかもクリアボトルで一目瞭然なので、家庭で使いやすいだけでなく、オフィスのデスクに置いて使ったりするにも適しているのではないでしょうか。

 

アクアクローバーは、使い方もコーヒーメーカーのようにとても簡単です。ガラスのボトルに水を入れ、ついているボタンを押すだけで、約20分程度かけてボトルの中の水が電気分解され、美味しく高濃度な水素水が作られます。作るのに20分という時間がかかるのは、今すぐに水素水を飲みたい人にとってはデメリットかもしれませんが、簡単に使えるだけでなく、場所を取らずにコンパクトに置けることから、かなり人気の水素水生成器となっているようです。

 

アクアクローバーの水素水は、電解水素水。これはつまり、水を電気分解することによって、老廃物などを排除するとともに水の中のミネラル成分を増量しながら水素水を作ってくれるというシステム。電解水素水は他のメーカーからもたくさんラインナップされていますが、アクアクローバーの電解水素水には交流電気分解システムが採用されています。これは、1分間におよそ3万回というスピードで水の成分を電気分解するとともに、低周波で攪拌することによって水素を発生させるという仕組み。他のメーカーの電解水疎水と比べると、はるかに純度の高い水疎水を作ることができます。

 

水だけではなく、お茶やコーヒー、みそ汁などにも応用できるアクアクローバー。炊飯にも使えますし、調理に使えばミネラル分と水素がタップリの美味しい仕上がりになりそうですね。

 

アクアクローバーの詳細をもっと見る