ネイフィールウォーターサーバーは、冷水と温水を供給することができます。温水を供給できるウォーターサーバーだと、気になるのはやはり電気代ではないでしょうか。ウォーターサーバーシステムの中には、電気代がかなりかさばってしまうために、温水の機能がついていてもほとんど使えないということもあるのです。しかしネイフィールウォーターサーバーの場合には、消費電力は業界でもトップレベルの省エネ設計となっているという特徴があります。冷水を供給する場合だと利用時瞬間の消費電力は85wでうし、温水の場合には350wとなっています。この消費電力は、ヘアドライヤーを使う場合よりもはるかに少ない電力消費ですし、ずっと温水使用にしていても、電気代はそれほど気にならないレベルと言えるでしょう。

 

また、ネイフィールウォーターサーバーの「らく楽スタイルウォーターサーバー」には、エコモード運転機能がついています。エコモード機能を使うと、サーバーをつかっていない時には自動的にエコ運転をしてくれるので、電気代を自然に安く抑えることが可能となります。毎日使いながら長期間にわたって使い続けたいウォーターサーバーだからこそ、できるだけエコ運転ができるタイプのサーバーを選びたいですよね。

 

ネイフィールウォーターサーバーには、部屋のインテリアにマッチして呉れるオシャレな「スタイリッシュサーバー」もラインナップされていますが、こちらはエコ運転機能はついていません。それでも従来のウォーターサーバーよりは電気を使わないのでエコなのですが、業界トップレベルのエコを目指したい人なら、スタイリッシュサーバーよりはらく楽スタイルウォーターサーバーを選んだほうが良いかもしれませんね。

 

ネイフィールウォーターサーバーのウォーターサーバーは、レンタルで利用することができます。そのため、いろいろ使いながら、最も気に入った機種を選ぶという方法も良いのではないでしょうか。レンタルは毎月ごとの料金支払いとなるので、新しい機種を使ってみて電気代がグンと安くなったことを実感すればキープすればよいですし、不満な場合には別の機種に交換というのもOKです。

 

ネイフィールウォーター公式サイトこちら!