人間の体内で放出される活性酸素は、放置しておくと体内の細胞をどんどん酸化させてしまうので、人間の体にとっては百害あって一利なし。しかし、最近ニュースにもなっている「放射線」と活性酸素をコラボさせると、人間の体にとっては死を招く恐怖の存在になってしまうことはご存知ですか?

 

放射線という成分は、水という分子と結合します。空気中の水の分子と結合することもありますし、人間の体内の水の分子と結合することもあります。放射線が水の分子と結合すると、どのようなことが起きるのでしょうか? 放射線の作用はとても強いため、水素と酸素から作られている水という分子が、放射線の作用によって水素分子と酸素分子とに分離されてしまいます。そうすると、酸素分子が活性酸素となり、体内の酸化や老化に拍車をかけることになってしまいます。

 

ごく少量の水分子だけが放射線と反応するなら、人間の体にとっては大きな健康被害にはなりにくいかもしれません。しかし、人間の体は70%程度が水で作られていて、あらゆる臓器には水の成分が含まれています。全身のこうした細胞の水成分に放射線が反応すると、体内では活性酸素の量がコントロール不能なまでに増えてしまうため、健康被害を引き起こすことになります。

 

例えば白血病、不妊、癌などは、放射線による健康被害の代表的な疾病です。ガンは乳がんや肺がん、骨肉腫などが多く、一部の器官だけに発症するタイプのガンというよりは、全身に広がりやすいタイプのガンにかかりやすくなるようです。

 

空気中を漂っている放射線は、目で見ることはできません。しかし、空気中に漂っている放射線は、人間の体内の水分に反応すると、間違いなく健康被害を引き起こしてしまいます。放射線が心配な昨今で社、放射線によって大量発生した活性酸素を出来るだけ効率的に除去するために、医者から高濃度の抗酸化成分を処方してもらうことも可能になっているようです。これらはビタミンCやビタミンEなど水溶性の成分なので、過剰摂取しても問題ありません。

 

活性酸素対策に有効な水素水生成器をアマゾンで探す!

 

水素水 当サイト人気ランキングを見る!