ストレスを感じると、体内では活性酸素が大量に放出されます。これは、人間がストレスを感じると、脳にストレスを受けているという信号が送られ、そこから副腎へ指令が行き、副腎皮質ホルモンという成分が分泌されます。このホルモンは血液を通って全身に運ばれると、神経が興奮したり、筋肉が緊張してこわばったり、体が熱を持ってあつくなったり、胃などの内臓器官の働きが低下するなどの症状が出ます。ストレスを感じると、こうした症状が現れるので、私たちは「ストレスを感じているな」という事が理解できます。

 

副腎皮質ホルモンが分泌されるときには大量の酸素が必要となるため、その結果として活性酸素も大量に発生します。また、副腎皮質ホルモンが全身にわたって数々の症状を起こす時、つまり副腎皮質ホルモンが全身の各機関で分解される時にも酸素を大量に必要とするため、結果として活性酸素が大量発生することになります。ストレスを感じると活性酸素が大量に放出されるというのは、こうしたメカニズムによるものなのです。

 

ここで注意したいのは、ストレスを一時的に感じた場合には、副腎皮質ホルモンの分泌も一時的なもので済みます。しかし、ストレスを慢性的に感じていると、副腎皮質ホルモンがずっと分泌され続け、全身の器官で分解され続けます。そのため、活性酸素もストレスを感じている期間の間ずっと放出され続けてしまいます。慢性的にストレスを感じている人は、自分でも気が付かないうちに活性酸素まみれになっていることも考えられます。活性酸素を除去するためには、リラックスしたり、抗酸化作用の高い栄養成分を積極的に摂取したり、十分に睡眠時間を確保して新陳代謝をサポートするなど、毎日の生活の中で疲れすぎないように、ストレスをため込まないように気を付けることが必要です。

 

ストレスによる活性酸素を除去する対策は、ストレスを感じるとまず最初に行われるのは副腎皮質ホルモンの分泌。ここで抗酸化のための対応ができれば、全身に副腎皮質ホルモンが行き渡りにくくなりますし、ストレスによる全身の症状を抑えることもできます。ビタミンCやビタミンEなど抗酸化作用の高いビタミン成分は理想的な栄養素。水溶性の栄養素なので、一度に過剰摂取しても体内に保存することができません。そのため、一度にたくさん摂取するのではなく、一日を通して頻繁に少しずつ摂取できるような工夫をしたほうが良いでしょう。

 

活性酸素対策に有効な水素水生成器をアマゾンで探す!

 

水素水 当サイト人気ランキングを見る!