ミトコンドリアとは、私たちの全身の細胞の中に存在しているとても小さな器官。オルガネラと呼ばれています。人間の体には、60兆を超えるほどの数の細胞が存在していると言われていますが、それらの細胞一つ一つの中に、それぞれ何十万個という単位でミトコンドリアが存在しています。つまり、人間の体内には数えきれないほどのミトコンドリアが存在しているのです。

 

体内のミトコンドリアは、細胞内でエネルギーを作るという働きがあります。人間のエネルギーは貯めておくことができないため、必要な時に必要な量のエネルギーを作ることが必要。体内に十分なミトコンドリアがなければ十分なエネルギーを作ることができなくなってしまいます。ミトコンドリアは細胞の中で作用を調整しながら働き続けていますが、慢性的なエネルギー不足になってしまうと十分に作用できなくなってしまい、生産性が悪くなってしまいます。

 

そうすると、どうなってしまうのでしょうか?ミトコンドリアの働きが悪くなると、体は疲れが抜けなくなったり、疲れやすくなってしまいます。そうすると血液中の酸素がエネルギーとして燃焼され、その成果物として活性酸素が放出されてしまうわけです。つまり、ミトコンドリアと活性酸素には大きな関係があり、ミトコンドリアの機能が低下することによって体内では活性酸素が蓄積されやすくなってしまうというわけです。

 

ミトコンドリアの働きを活性化する方法はご存知ですか? ミトコンドリアは細胞の中に数多く存在している器官で、いくつかの方法で活性化することができます。その中の一つが、ゆっくりと深呼吸するという方法。深呼吸することによって体内に新鮮な酸素を注入できます。ミトコンドリアは酸素を大量に摂取することによって機能が活性化してくれるので、疲れたなと感じたら、疲れすぎてしまう前に深呼吸をするようにしましょう。

 

日光浴もおすすめです。紫外線を浴びると活性酸素が放出されますが、太陽の光を浴びることによって体内ではセロトニンやメラトニンなどのホルモン分泌が活発になり、ミトコンドリアが活動しやすい環境を作ってくれます。

 

活性酸素対策に有効な水素水生成器をアマゾンで探す!

 

水素水 当サイト人気ランキングを見る!