運動をすることは、肥満や生活習慣病の予防や症状改善にもつながりますし、血液内の脂肪や糖質を効率的に燃焼することができるので、健康法としても推奨されています。確かに、糖質や脂質でドロドロになった血液内のヘドロ成分を分解するためには、運動をするのが最も近道で、最も効果的なのですが、実は適度な運動ならそうした健康効果が期待できますが、やりすぎてしまうと逆に老化を早めてしまうことにもなりかねません。

 

それは、運動をすることによって体が疲れるから。激しい運動をすれば、誰でも息が上がったり、筋肉痛になったり、全身がどっと疲れますよね。疲れというのは、全身の細胞にとってはエネルギー不足という状態です。全身の細胞がエネルギー不足を解消しようと酸素を燃焼すると、その結果として活性酸素が放出されることになります。

 

活性酸素はエネルギーを作り出した後に排出される成分なので、活性酸素自体が疲れを引き起こすという事はありません。しかし、活性酸素によって周囲の細胞がどんどん酸化してしまうため、活性酸素の酸化を放置していると全身がどんどん酸化してしまうことになります。

 

肥満体型や糖尿病など、生活習慣病を予防したり軽減するためには、運動が好きな人でも嫌いな人でも、毎日定期的な運動をすることが必要です。しかし、その産出物として細胞が酸化する、つまり老化しやすくなるという事は理解しておいた方が良いでしょう。「老化を防ぐ」という目的なら、運動をしないほうが活性酸素も排出されないので若さをキープしやすくなりますが、運動をしないことによって基礎代謝も下がり、太りやすくなったり血液の循環が悪くなったりして、今度は生活習慣病を引き起こしやすくなってしまいます。

 

運動をした後には、老化しないように抗酸化作用の高い栄養素を積極的に摂取するように心がけると良いでしょう。スポーツの後に柑橘系のジュースを飲んだり、青汁などを飲むのはとても大きな効果が期待できそうですね。

 

活性酸素対策に有効な水素水生成器をアマゾンで探す!

 

水素水 当サイト人気ランキングを見る!