老化は、人間が年齢を重ねることによって誰もが遅かれ早かれ必ず経験する現象ですが、同じ年齢でも老けている人もいれば若く見える人もいますよね。これはなぜなのでしょうか?

 

実は、人間の老化には活性酸素が大きくかかわっています。活性酸素は、食生活や生活習慣の中で酸素が燃焼された時に排出される成分の一つで、体内の細胞を酸化させるという働きがあります。活性酸素はもともと電子的にはとても不安定なため、安定しようと周囲の細胞の電子を奪い取ってしまいます。

 

電子を奪われた細胞は不安定な状態となり、こちらも安定しようと周囲の細胞から電子を奪い取ります。これを酸化と呼んでいますが、酸化は放置しておくとどんどん体内に広がるため、活性酸素の除去を何もしない人は酸化がどんどん進行し、結果として老化が進みやすくなってしまいます。

 

どんなに生活習慣や食生活に気を付けていても、老化を完全にストップすることはできません。これは、人間は生きていることによって空気中の酸素に常に触れているため、細胞は少しずつ、しかし確実に酸化が進行しているからです。抗酸化作用の高い栄養素を積極的に食べたり、新陳代謝で活性酸素を除去しようと規則正しい生活を心がけることによって体内の酸化、つまり老化のスピードをゆっくりにすることはできますが、完全にストップすることはできません。どんなに若さをキープしている人でも、少しずつ老化していくのはそのためです。

 

70歳や80歳になっても20代の若さをキープできる人はおそらく奇跡というほどマレでしょう。しかし、老化のスピードをそれなりに遅くすることはできるので、30代や40代、50代でも見た目年齢がかなり若くいることは可能です。そのためには、食生活では糖質や脂質を避けてビタミンやミネラル、食物繊維を中心にしたり、紫外線や電磁波、大気汚染や化学物質を出来るだけ体内に入れないように気をつけたり、運動したりストレスを感じたら、無理せずに睡眠を取って体を十分に休めてあげるなどの工夫が必要です。

 

活性酸素対策に有効な水素水生成器をアマゾンで探す!

 

水素水 当サイト人気ランキングを見る!