体内の酸素は、血液によって全身の細胞へと運ばれます。そして、全身の細胞に運ばれた後には、糖質や脂質などを分解するエネルギー源として使われるわけですが、酸素が燃焼された後には結果として2%程度の活性酸素が排出されます。活性酸素は酸素の一種なのですが、燃焼される前の一般的な酸素と比べると、反応が強く、酸素という原子ではかなり不安定な状態にあるという特徴があります。

 

また、活性酸素は自身では安定することができませんが、他の成分を巻き込むことによって安定できるという特徴があります。そのため、体内に活性酸素が放出されると、活性酸素自身が周囲の成分を巻き込みながら安定しようと働いてしまうわけですが、その現象を「酸化」と呼びます。

 

活性酸素によってバランスを崩されてしまった他の成分たちもまた、電子的にとても不安定な状態となってしまいます。そして周囲の成分を巻き込むことによって安定しようとするため、酸化はどんどん体内に広がってしまうことになります。

 

こうした活性酸素の働きは、体内で自然に行われているものなので、止めることはできません。しかし、体内で発生した活性酸素を除去することなら可能です。細胞を酸化させる活性酸素の働きを抑制するためには、抗酸化作用の強い栄養素を体内に積極的に摂取するのがおすすめ。スカベンジャーと呼ばれる方法です。

 

具体的には、抗酸化が高いビタミンCやビタミンE、ポリフェノール、βカロテンなどが活性酸素を除去する働きをしているので、こうした栄養素が豊富に含まれている食材を積極的に食べると良いでしょう。フルーツや野菜などを中心とした食生活をするのもおすすめですし、活性酸素が増える原因にもなる糖質や脂質を多く含んだ食材はできるだけ控えるように心がけることも良いでしょう。

 

活性酸素を放置すると、体の老化の原因となってしまいます。たくさん蓄積されてからは活性酸素を除去するにも時間がかかるので、できれば活性酸素はできるだけ早期に除去したほうが良いですね。

 

活性酸素対策に有効な水素水生成器をアマゾンで探す!

 

水素水 当サイト人気ランキングを見る!