人間は呼吸をしています。呼吸をすることによって体内に新鮮な酸素を取り込むわけですが、取り込まれた酸素は血液に吸収され、赤血球によって全身の細胞へ運ばれます。全身の細胞へ運ばれた酸素は、糖質や脂質を燃焼するためのエネルギーとして使われるのですが、エネルギーとして使われた酸素は、2%程度が活性酸素となってしまうという特徴があります。疲労を感じたりストレスを感じると、人間は肉体的にも精神的にも「疲れた」という状態になりますよね。そうすると、血液中の酸素が疲労に負けないようにエネルギーを作ろうと活発に働くため、その結果として発生される活性酸素の量も増えてしまうことになります。

 

その中でも、ストレスは気を付けなければいけません。ストレスを感じると免疫機能が低下すると言われています。これは、ストレスを感じた時に分泌されるホルモンの一つであるコルチゾルという成分が、免疫機能を司っているNK細胞の働きを低下させてしまうから。つまりストレスを感じると、免疫機能が低下するとともに、活性酸素が大量に放出されるので臓器がさび付きやすくなってしまいます。

 

血液の中では、赤血球や白血球などがバランスを取りながら共存しています。しかし、食生活や生活習慣の変化によってこのバランスが崩れてしまうこともあります。例えば喫煙。喫煙をすると血液中の酸素が大量に消費されてしまうため、血液は酸素不足を補うためにより多くの酸素を燃焼してエネルギーを供給しようと努めます。酸素が燃焼してエネルギーが供給されると同時に活性酸素も放出されてしまいますね。喫煙をすると活性酸素が大量に発生するというのは、そういう原因があるのです。

 

添加物の多い食生活をしている人も、血液中のバランスが悪くなってしまうため、結果として活性酸素が大量に放出されてしまいます。添加物は味付けの濃い食事や外食、脂っこい食事などによって多く摂取されるため、偏った食生活をしていたり、外食が多い人はどうしても活性酸素も多く発生してしまうことになります。

 

活性酸素対策に有効な水素水生成器をアマゾンで探す!

 

水素水 当サイト人気ランキングを見る!