慢性的な疲労やストレスを感じると体内で大量発生される活性酸素。この成分は、老化を早めたり、体内の臓器などの酸化を早めるという働きをするので、最近では活性酸素というと「悪の根源」のようなイメージもあります。しかし、もともとは体にとって必要不可欠な成分であることはご存知ですか?

 

活性酸素は体内で分泌される成分なので、食生活などで補給する必要はありません。本来は、体内に侵入してきたウィルスや細菌などを殺菌したり消毒するという働きをしていて、血液中の白血球が活性酸素を放出しています。活性酸素は酸素の一種なので、臓器にとってはプラスの効果が期待できるはずなのですが、実は人間の体の構造では、プラスの効果よりもマイナスの効果の方が大きくズームアップされやすくなってしまうようです。

 

活性酸素がもたらすマイナスの効果というのは、人間の体なので大半が油で作られているため。人間の体は不飽和脂肪酸という油によって作られていて、その油が酸素と結びつくことによって酸化してしまいます。油が古くなると酸化して悪くなってしまうように、体内の油も参加すると悪くなる、つまり老化現象が起きたりさび付いたりしてしまいます。

 

活性酸素は、体が疲れたりストレスを感じると白血球から放出されますが、食生活や生活習慣の中でも大量に放出される原因はたくさんあります。例えば、紫外線を浴びたり、喫煙の習慣、食品添加物の大量摂取などによって活性酸素は大量に放出されます。白血球は活性酸素という成分のみを放出するわけではなく、疲労やストレスを解消するために酸素を放出するわけですが、放出された酸素のうち2%程度が活性酸素となってしまうようです。

 

活性酸素の分泌は止めることができませんが、体内に放出された活性酸素を除去することなら可能です。例えば、ビタミンCやカロテン、ポリフェノールなど抗酸化作用の強い栄養成分を積極的に摂取したり、十分に睡眠時間を確保することによって新陳代謝が活性酸素を除去することも可能です。

 

活性酸素対策に有効な水素水生成器をアマゾンで探す!

 

水素水 当サイト人気ランキングを見る!